手軽にお部屋が大変身!輸入壁紙の魅力徹底解説

ミワプランニングオフィスの淀川です。

先日より輸入壁紙張替えパッケージのモニターさんを募集しています。

お客様から、「部屋が完成するのに、いくらかかるのか?」というご質問を以前より多く頂戴しておりましたため、分かりやすい料金設定のサービスをご提供できればと常々思っておりましたが、その第一弾として、「輸入壁紙張替え」パッケージが登場しました。

こちらのパッケージは、輸入壁紙を選ぶ打合わせ、ご自宅のお部屋採寸、輸入壁紙3本、工事代金がすべてセットになっていて、通常15万円(税別)のところ、今だけ10万円(税別)となっています。
アクセントとして一面を張り替えるだけで、一瞬にしておしゃれ部屋に変身です!
ご興味のある方はぜひ、下記ページより詳細をご覧下さい!↓

main

さて、この輸入壁紙ですが、日本の壁紙と何が違うのか?どんなところが魅力的?というところを徹底解説したいと思います。

素材の違い

日本のメーカーさんがつくる壁紙はその多くが「ビニール製」となっています。
「ビニール壁紙」「ビニールクロス」と呼ばれていることからご存知の方も多いと思います。
ビニールクロスは燃やすと有毒ガスが発生します。そのため張り替えでゴミが出た際はすべて産業廃棄物となります。

一方、輸入壁紙は、ビニール製の他、「紙製」「不織布製」がございます。
このうち、「不織布製」はしっかりとしたほどよい厚みがあり、職人さんでなく一般の方でも張りやすい素材です。
初めての方でも張りやすく、DIYにおすすめなのは、「不織布製」です。

サイズの違い

日本製のビニールクロスは、幅が90cm前後のものが多いのに対し、輸入壁紙は50cm前後とほぼ半分くらいの幅です。
50cm前後とは、ちょうど肩幅くらいのサイズで、慣れない一般の方でも作業のしやすいサイズ感です。

比べてみましょう。
上のピンク花柄のロール状のものが輸入壁紙、下の紫花柄のものが日本のビニールクロスです。

IMG_0662

 

販売単位の違い

日本のビニールクロスは切り売りが一般的です。通常1mから10cm単位で購入することができます。
使う分だけ注文できてある意味無駄がありません。
一方、輸入壁紙は10m程度がロール状になって販売されていまして、このような状態で届きます。
使う分量によっては余りが出てしまう場合もあります。
IMG_0660

価格の違い

日本のビニールクロスは、一番安いもので数百円程度~、柄なども豊富にあるもっとも一般的な価格帯としては、1,000円台/㎡が主流です。

輸入壁紙は、日本のビニールクロスよりは高めの単価です。商品によって様々ですが、多いと感じる価格帯は日本在庫品で2,000円台~3,000円台/㎡ほどです。
海外取寄せ品となると、もう少し単価が上がる場合があります。

貼り方の違い

日本のビニールクロスの一般的な貼り方は、糊付け機という機械で壁紙にのりをつけ、壁に貼っていくという方法です。
貼る数量と現場の状況などによっては、機械を使わず手作業で糊付けすることもありますが、そのときも壁紙に糊をつけるのが一般的です。

一方、輸入壁紙は素材によって貼り方が異なります。
ビニール製と紙製は上記同様、壁紙にのりをつけて貼っていきます。不織布製はその逆で、壁にのりをつけ、そこに壁紙を貼っていきます。
輸入壁紙の糊付けはいずれも機械でなく手作業です。

デザインについて

輸入壁紙の魅力は、なんといってもデザイン性の高さ。
日本のビニールクロスも最近ではかなりたくさんのデザインが出てまいりましたので、中々いいなぁ、という壁紙もたくさんあります。
しかしながら、色鮮やかで目を引くデザイン性の高さでいうと、輸入壁紙はとても魅力的です。
お部屋の壁に色や柄を使のはちょっと抵抗がある・・・とお思いの方でも、壁の一面にアクセントとして使う方法でしたら、それほど違和感なくお部屋に溶け込み、おしゃれな雰囲気を作り上げてくれます。
そんな輸入壁紙のデザインの一例をご紹介します。

先ほど画像でお見せしたロールの壁紙を壁に貼るとこのようになります。

先ほど画像でお見せしたロールの壁紙を壁に貼るとこのようになります。

オリエンタルな大人の雰囲気です。

幾何学模様でモダンな雰囲気です。

定番の花柄ですが、大人かわいい部屋づくりにもおすすめです。

定番の花柄ですが、大人かわいい部屋づくりにもおすすめです。

図書館のような本の柄の壁紙でシックな雰囲気に

図書館のような本の柄の壁紙でシックな雰囲気に

真っ赤で印象的なお部屋になりそうです。

真っ赤で印象的なお部屋になりそうです。

320705_r

からし色はおしゃれにみえるポイント色で、家具にも合わせやすくおすすめです。

 

以上、輸入壁紙のほんの一例をご紹介しました。
ぜひ、お部屋のプチリフォームに輸入壁紙を貼ってみて下さいね♪

 

main

 

ママをきれいにするインテリア設計を専門とする女性一級建築士。
1999年より集合住宅設計業務にたずさわり2002年よりフリーランス活動開始。
2006年に一級建築士事務所ミワプランニングオフィスを設立、建築やインテリアの設計業に従事。
2010年第一子誕生後は、自身も仕事と家事と育児のバランスをとりながらの日々を送りながら、忙しいママがいかに快適に家族と暮らせるかに焦点をあてつつ「お部屋のコンシェルジュ」として皆さまのお役に立てるよう奮闘中。

関連記事

  1. 失敗しない設計者選びのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

お客様の声

お客様からいただいた感想をご紹介します。

「インテリアコーディネートは、生活する上で最低限必要というものでなく、費用をかけてこれをお願いすることは、贅沢なのではないかという思いが、終始ありました。
でも、仕上がって、今、生活をしているとやはり、お願いしてよかったと実感しています。
家での時間が、今まで以上に落ち着けるものになりました。」

「お部屋が明るく綺麗になり、お友達を呼ぶのがますますたのしくなりました。とても満足しています。
特によかった点は、ひとつの壁だけ壁紙をかえるという自分にはない発想を提案してもらえたこと・・・」続きを読む→

最新情報をメールに通知

メールアドレスを記入して購読すれば、ブログ・キャンペーン・事例等の情報をメールで受けとれます。

SNS

FACEBOOKページツイッターインスタグラム

クレジットカード

お支払いに下記クレジットカード決済がご利用可能です。
  

PAGE TOP