手がけたお部屋が映画の撮影場所にオファーされました

こんにちは。
実は、来週に事務所兼自宅の移転をひかえておりまして、現在そこいら中がダンボールだらけで生活をしている淀川美和です。

約8年生活をしてきた場所をはなれるにあたり、色んな方たちとお別れもしなければなりません。
今日は娘が習っていたチアのクラスが最後だったので、先生やお友達とさようならをしました。
チアの先生からは娘にプレゼントとお手紙を、ママにもといって私にもお手紙をいただき、さりげないけどとっても心温まる気遣いになんだか胸が熱くなりました。

今週末には上の娘は6年、下の娘は2年ちょっと通った保育園の最後の登園日やママ友パパ友たちとの集いもあったりと、涙腺緩みっぱなしの1週間になりそうです。
寂しいですが、新しい生活のためにもパパとママはがんばらなくてはいけませんね^^

さて、先日事務所にうちのホームページを見たと映画プロデューサーと名乗るお方からお電話をいただきました。
なんでも、オーストラリア人の映画監督さんが、以前私が手がけたお部屋を撮影に使いたいと言っているので使わせてもらえませんか?ということでした。
ちなみにこちらのお部屋↓
P1150914
1-6-3
P1150876
古い1DKのアパートメントを民泊用のゲストルームにリノベーションした案件です。 
外国人観光客を意識して、「和」を大胆にわかりやすくデザインしました。
特に、寝室にあたるゴールドのお部屋は、実際に部屋に入ると、なんかすごいです笑
派手でインパクトありますよねぇ、と完成後にオーナーさんとお話をしていましたが、外国人さん受けはいいのでしょうか。
ちなみに、この金の部屋は「かぐや姫」を裏テーマにしたお部屋です。
撮影されるとするならば、映画が楽しみです☆

最後にお知らせですが、冒頭でお話したとおり、週明けに移転を予定しておりますので、20日は業務がお休みとなります。
電話も不通となりますので、お問い合わせはメールでいただけますと幸いです。

それでは、寒いのでお風邪などひかないように気をつけてくださいね☆

ママをきれいにするインテリア設計を専門とする女性一級建築士。
1999年より集合住宅設計業務にたずさわり2002年よりフリーランス活動開始。
2006年に一級建築士事務所ミワプランニングオフィスを設立、建築やインテリアの設計業に従事。
2010年第一子誕生後は、自身も仕事と家事と育児のバランスをとりながらの日々を送りながら、忙しいママがいかに快適に家族と暮らせるかに焦点をあてつつ「お部屋のコンシェルジュ」として皆さまのお役に立てるよう奮闘中。

関連記事

  1. 2015年11月受付け状況

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

お客様の声

お客様からいただいた感想をご紹介します。

「インテリアコーディネートは、生活する上で最低限必要というものでなく、費用をかけてこれをお願いすることは、贅沢なのではないかという思いが、終始ありました。
でも、仕上がって、今、生活をしているとやはり、お願いしてよかったと実感しています。
家での時間が、今まで以上に落ち着けるものになりました。」

「お部屋が明るく綺麗になり、お友達を呼ぶのがますますたのしくなりました。とても満足しています。
特によかった点は、ひとつの壁だけ壁紙をかえるという自分にはない発想を提案してもらえたこと・・・」続きを読む→

最新情報をメールに通知

メールアドレスを記入して購読すれば、ブログ・キャンペーン・事例等の情報をメールで受けとれます。

SNS

FACEBOOKページツイッターインスタグラム

クレジットカード

お支払いに下記クレジットカード決済がご利用可能です。
  

PAGE TOP